同仁会とは

理事長あいさつ

 戦後公的保険がまだ整備される前、だれでもかかれる医療機関の願いもとに1950年耳原実費診療所ができました。1953年に耳原病院開設、以後鳳病院、南花田、歯科などの診療所、1979年法人本部独立、1990年には老健施設みみはらその後も介護やヘルパーステーションが続きます。しかし1998年前倒産、2000年セラチア菌院内感染を起こしその度に、地域、共同組織友の会、全日本民医連加盟の仲間のご援助を受け無差別平等の医療・介護を続けることができています。

 2016年度、みみはら職員は疾病の社会的要因(SDH)の学習に取り組みました。原因の原因を見つけ手を入れる、民医連綱領にある疾病を労働と生活との場で捉えることの重要性と有用性を再認識しました。労働、貧困と格差、社会的排除、食品、交通、といったSDHの項目を知識としてだけではなくそれらの解決に向けた活動を医療と介護の質のアップにつなげます。総合病院が新しくなり2年が経ちました。救急車も多くなりましたが病気や病人が増えているのではないか少し心配もしています。病気があっても医療機関にかかれない人への対応を地域の人、役所と連携し取り組みます。

 この春耳原歯科とともに同仁会みみはら本部が大仙ウエストビルに移転します。本部があった老松町や総合病院の地域は周囲に公園があるなど比較的静かな地域ですが、このビル近くには交通量の多い府道と中小の工場、大手の生活雑貨店、本屋、コンビニなどがあり人の動きが多い地域です。歯科が移ってさらに賑やかになるとおもいます。まちづくりの視点でも意義があり、友の会のたまり場実践などとともに地域のお役に立てればと思います。

 堺とその周辺からなる南ブロックの4つの診療所がこの時期合併となりました。みみはらの一連の施設整備は泉州看護専門学校の移転で終了します。これをきっかに法人内外の連携をさらに強めます。

 みみはらの設立の心と前倒産、セラチア菌院内感染をいつも振り返り、平和があるから自身の健康づくりに関心を持てる、そのためにも憲法を生かし民医連綱領の精神に基づいてこれからも地域の皆様に喜ばれる医療と介護を進めます。