社会医療法人同仁会 耳原総合病院 医師採用サイト

Interview

循環器内科

宮部 亮 2020年入職

循環器内科のエキスパートをめざして

愛媛大学を卒業し、済生会松山病院で2年間の初期研修終了し、その後済生会松山病院の循環器内科で3年間循環器内科と救急を学び卒後6年目にさしかかり、より多彩な症例を経験したいと思っていました。
仕事はもちろん大事なんですけど、仕事を誰とするかということも重要なので、初期研修の頃からお世話になっていた尊敬する大先輩の鈴鹿先生が耳原にいることを知っていた事もありコンタクトをとり相談しました。研修医時代の指導医の存在と、地元愛媛出身の先生が多く勤務している縁にも後押しされて入職を決心しました。

Reason ⽿原総合病院で働く理由

  • 救急と循環器の両立をめざしていく

    私の普段の勤務は主に循環器の検査や治療で、外来と病棟でさまざまな循環器分野のことを担当させてもらっていて、週に数回ERに携わる勤務形態です。
    循環器分野で学べることは、日々すごく勉強になることがたくさんあって、あとは他の循環器内科の医師に幅広い人材がいらっしゃって、沢山アドバイスももらえるし、逆に後輩との研鑽も積めるので、とても良い環境と思っています。

  • 幅広い層があるというのが耳原の循環器の良いところ

    これはすごくいいなあと思っています。どのタイミングで来ても、自分の力を付けることができるかなと思います。
    救急もそのまま入院を引き継いで、退院までしっかりと診ることもできる。さらに退院後も外来を通じて、患者さんの治療を最初から最後まで診ることができるという点では非常にやり甲斐を感じています。そして先生方の雰囲気もいいですし、医局の明るい雰囲気、仕事がしやすいと思うことが多いです。

  • 救急と専門、総合診療科(ジェネラル・メディスン)のバランス

    この部分も非常にバランスがとれていると思います。
    私は入職して間もないので、循環器の分野もこれからもっとやれることをどんどん増やしていきたいと思っている次第です。そしてそれが出来るフィールドが整備されている病院だと思います。

Message ⽿原総合病院を⽬指す⼈へメッセージ

私は地元の愛媛県でこれまで過ごしてきましたが、この度一念発起して県外へ進出してみました。耳原病院で働いていて良かった思うことはたくさんあります。働きやすいと感じる時も多いです。仕事もしやすいし、サポートしていただける。
コメディカル、多職種との連携はすごくうまくいっていると思うし、カンファレンスとかで意見交換のハードルが低いのはすごくいいことだし、今後に向けて自分がキャリアアップしていきたいと思う中で、自分の熱意に対して受け止めてそれに十分な活躍する場、成長する場を与えてくれる病院だと思っています。是非足を運んで見学していただいて、肌で感じていただけるといいと思います。私自身、かつての指導医から誘っていただいたご縁もあって耳原に来たんですが、実際来てみると想像した通りで、とてもやり甲斐を感じていますので間違いないと思います。

病院⾒学 随時受付中 医局の雰囲気、実際の現場の空気など実際肌で感じてみてください。

転職理由はそれぞれですが、Web情報、転職サイト情報だけでは実際の職場の雰囲気やご自身の働くイメージを想像しにくいと思います。病院見学希望の際、~を見たい~をメインに見学したいなどご要望に応じます。見学時間についても2時間~半日、1日など、ご希望のスケジュールを作成します。ご質問・ご相談・気になる事などなんでもお聞きください。お待ちしています。